風向き(回転方向)を切り替えるリバーススイッチについて

市販されていますシーリングファンの説明書には夏は下向き冬は上向きと記載されていますが、

風向きはどちらでも空気循環する効果はほとんど同じです。シーリングファンの風向きの違い

は、シーリングファンの近くにいる場合に、羽根から発生する風が体感的に感じるか感じない

かの違いです。夏冬シーリングファンの風が心地よく感じるかは、オールシーズン下向きの設

定でご使用ください。

 

風向が上方向(羽根から天井へ)

冬場は風向が上方向の主な理由としては、羽根から発生する風の体感を抑えるためです。

エアコンの暖房時やストーブ等により発生する温かい空気は、膨張し軽くなり上昇しで天井付

近へ移動します。冬場の暖房時は、なかなか足元が温まらないのその理由です。

風向きが上方向(羽根から天井へ)では天井付近にある温かい空気を、羽根から発生する風で

天井に当て、はね返った空気が床方向に流れるように空気循環をつくります。天井にはね返っ

た風は、ゆるやかなやさしい風になり体感的にほとんど感じません。

 

デメリットとして天井からシーリングファン本体を延長している場合、天井と羽根の距離が長

くなるため、天井にはね返る力が弱くなり床付近まで空気が到達せず、羽根と天井間だけの一

部分での空気循環になるため、風向きは下方向(羽根から床へ)にして天井付近の温かい空気

を直接床方向(羽根から床へ)へ流れるようにしてください。

 

天井高約4m以上吹き抜け等ではシーリングファンの延長用ダウンロッドの長さに関係なく、

オールシーズン風向きは下方向が広範囲の空気循環効率が良くなります。

 

風向が下方向(羽根から床へ)

夏場は風向が下方向の主な理由としては、エアコン冷房時で冷やされた空気をさらにシーリン

グファンから発生する風で体感し涼しく感じることができるためです。

 

風の体感が好まれない方は風向きは上方向(羽根から天井へ)に設定してください。

 

エアコン冷房時の吹き出し口から出る風は約10度〜約15度の冷たい温度です。真夏でも長時

間吹き出し口の風に直接当たっているのは、不快感を感じ体調不良の原因にもなります。

シーリングファンの風はエアコンの冷房運転で下がった空気を、大きい羽根で回転し発生し

た風は静かでやさい風になります。

 

 

 

 

 

 

お気軽にお問い合わせください。050-5307-75099:30-17:30【土日祝日 除く】

メールでのお問い合わせ資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。