シーリングファンの省エネ効果

飲食店等で時々見かけるシーリングファン、お店のインテリアの一部だと、思われている方が多

いのではないでしょうか。

冬に、朝目覚めてリビングルームに入ったら寒いですよね。直ぐにエアコンの暖房運転スイッチを

入れてしまいます。冬場のエアコンの設定温度は23度前後が一般的に多いようです。エアコンが

『強』運転モードから『弱』運転モードになるまで、約1時間〜1時間半ぐらいかかります。エア

コンの設定温度に近づくと『弱』運転モードになります。実際の部屋の温度はどうでょうか。確か

にエアコンが取付けられている天井付近は23度前後まで温度が上がっていますが、足元はまだ寒

く感じます。この時、天井付近より約7度〜9度前後低いケースが多く、エアコンの暖房運転を入

れる前よりも温度差は大きくなります。つまり天井付近の生活空間ではない場所をいち早く快適温

度にしていることになります。生活空間である足元の温度を早く上げ、快適な温度に近づけるには、

空気を撹拌し部屋の温度差を解消することが有効です。多くのエアコンメーカーさんの製品は設定

温度1度差で約10%の省エネ効果があると発表していますので、足元の温度が早く上がればエアコ

ンの設定温度を下げても体感的な寒さは解消できるということです。シーリングファンの大きな羽

根の回転により、部屋全体の空気を撹拌し、生活空間ではない天井付近の空気の温度を下げ、床付

近の温度を早く上げる効果があります。エアコンとシーリングファンの同時運転により、効率がい

い空調システムに生まれ変わります。

温かい空気は軽くなりすぐに上昇し天井付近に溜まります。

暖房運転のエアコン設定温度は、天井付近の温度が設定温度に近づくと『弱』運転モードに切り替

わり、床付近との温度差は約7〜9度へ拡大します。

エアコン運転約1時間〜1時間30分

(室内の気密性能により時間、温度差は大きく変わります。)

 

 

人は風に当たることにより体感温度が下がります。人の皮膚が風に当たることにより体表の熱が早

く失われるからです。特に温暖な場合に良いといわれる体感温度の計算式にミスナールの計算があ

ります。この計算式は気温、湿度、風速によてって求めることができます。インターネットで検索

すれば簡単に計算できるサイトが見つかります。扇風機の製造メーカーさんの公開されている数値

では、風速が最も低い『弱』で2.9(m/s)です。その風速より低い僅か0.1(m/s)の風で気温28

度、湿度60%の設定でミスナールの計算式で求めますと25.5度になります。シーリングファンとエ

アコンの同時運転では冷房時の設定温度を2度程度上げても体感的には変わらないということなり

ます。この数字はミスナールの計算式に基づいた体感温度であり、人の温度感覚は、人体条件の影

響も受けその感覚は千差万別ですのであくまで目安としてお考えください。

シーリングファンは風向きを変えることができます。下向き(天井→床方向)に風向を設定し回転運

転をするとシーリングファンの羽根から風が発生します。この風はエアコンの吹き出し口から出る冷

たい風ではなく、夏の温かい部屋の空気とエアコンの冷たい風が混ざり合った空気になり快適な温度

に近い風です。

お気軽にお問い合わせください。050-5307-75099:30-17:30【土日祝日 除く】

メールでのお問い合わせ資料請求はこちらからお気軽にお問い合わせください。